細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?
拡大する(全1枚)

細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?の画像はこちら >>

免疫力維持が病気に対する備えになる

寒い時期は、インフルエンザが流行します。2月から3月にかけては、花粉症の季節でもあります。この時期に、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや頭痛に悩まされる人は少なくないでしょう。

医療機関を受診する人もいますが、「例年のことだから」と市販の薬を飲み、マスクで細菌やウイルスの侵入を防ぐ対策をとるだけ、という人も多いと思います。

日常生活を普段通り行いながら、微生物や花粉等の異物が体内に侵入することを完全に防止することは基本的に不可能ですが、ヒトは免疫力を持っていますので、防御する力を維持することが大切です。

免疫力が低下すると感染症を起こす確率が高まる

体の中には、細菌やウイルスが常在しています。ヒトの体内は温度が一定していて栄養分がたくさんありますので、微生物にとっては、格好の隠れ家です。

免疫力が低下すると、微生物が増殖します。健康な時には問題とならないような病原体に感染します。この状態を「日和見感染(ひよりみかんせん)」と言います。

発症すると、体の各種臓器において感染症状が出現します。ひとたび病気をすると、回復に時間を要しますので、日頃から免疫力を維持する方法を知っておくことは大切です。

日常生活を健康に過ごすためには、食事・運動・睡眠・休養・社会環境の5つが重要な要素です。その中で、最も大切なのは睡眠だと考えられます。

免疫力の主役は白血球。免疫力を維持するための代表的な防衛軍