雅子さま「新皇后の公務」を皇太子さまが語られなかった理由

雅子さま「新皇后の公務」を皇太子さまが語られなかった理由
拡大する(全1枚)
(C)JMPA

《両陛下がなさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしてまいりたいと思います》

2月21日、皇太子さまが23日の誕生日を前に記者会見を開かれ、ご即位への決意を語られた。東宮侍従や式部副長を務め、皇太子さまを古くから知る竹元正美さん(73)も感慨深げだ。

「59歳でのご即位で、すでに多くの経験を積み重ねてこられたにもかかわらず、何度も“自己研鑽”というお言葉をお使いになりました。皇太子殿下の謙虚で慎み深いお人柄がにじみ出た会見だったと思います」

会見のなかで記者からは、新皇后となられる雅子さまについて「どういった内容でご公務、ご活動をされていってほしいとお考えでしょうか」と質問があった。しかし皇太子さまは《今具体的にどういうものかということは、お答えできないのですけれども》と、明確な言及を避けられた。皇室担当記者は言う。

「皇太子さまは雅子さまに『外交官として働くのも、皇室の一員になるのも、国のために働くという意味では同じではないですか』とプロポーズされたといいます。ところが、皇室に入られた雅子さまを待っていたのは『早くお世継ぎを』という声。’01年に待望の第一子となる愛子さまがお生まれになっても『次は男子を』というさらなる重圧が雅子さまを苦しめ、海外訪問は制限され続けました。雅子さまが外交官としてのキャリアを活かす場面はほとんどなかったのです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク