時効間近に新たな可能性浮上、熊谷ひき逃げに2台以上が関与か

時効間近に新たな可能性浮上、熊谷ひき逃げに2台以上が関与か
情報提供を請うチラシ。有力な情報には最大100万円の謝礼金も支払われる。

突然、息子の命は奪われた。事故の際、息子は泣いていたのか、助けを求めていたのかーー知りたい。だが、いまだに犯人は逮捕されず。そんななか、母は自ら真相究明へと動きだした。

日本一の暑さを誇る埼玉県熊谷市ーー。強い日差しを照り返す道路に、黄色い菊の花だけが、くっきりと浮かび上がる。供花したのは、’09年、この場所で自動車にひき逃げされ、亡くなった小関孝徳くん(享年10)の母・代里子さんだ。

「命日の9月30日を迎えるたび、“事件は風化し、逮捕が遠のいているのでは”と、不安を感じます」

事故から10年を迎える今年の命日は、特別な意味を持つ。

「自動車運転過失致死罪の時効が成立してしまいます。しかし、いまだに犯人につながる物証や目撃情報はありません」

こう着状態とも思われる捜査。代里子さんは、今年1月にブログを開設して、情報提供を呼びかけている。同時に、事故の検証を、元交通警察官で、日本交通事故調査機構の代表を務める佐々木尋貴さんに依頼した。

「通常、ひき逃げは遅くても1カ月もあれば検挙できるので、時効間際というのは珍しいケースだと思っていました。私自身も交通事故で子どもを亡くしているので、お母さんの気持ちに寄り添いたい一心で」(佐々木さん)

しかし、それはつらい作業でもある。代里子さんが警察から衣服を提供してもらったときのこと。

「直接中が見えないように茶封筒に入っていたのは『心して見るように』というメッセージだったのでしょう」(代里子さん)


あわせて読みたい

気になるキーワード

女性自身の記事をもっと見る 2019年8月29日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら