高齢化迎える動物園 レッサーパンダ風太くんは人間なら80代

人間社会と同じように高齢化の波が押し寄せる動物園。年を取っても元気な姿には励まされる一方で、次の世代を入れられないという深刻な問題に悩まされてもいるーー。

淡路ファームパーク・イングランドの丘では、コアラのひかりが誕生日の2月1日に死亡したと同時に、みどりが23歳になった。人間なら110歳以上になるという。

また、1月31日にはアドベンチャーワールド(和歌山県)でジャイアントパンダの永明(エイメイ)が生誕1万日を達成。こちらも人間にたとえると80代だ。

高齢のみどりと永明。2頭に限らず、全国の動物園にはこうした動物がたくさんいるという。

「当園でも20年以上飼育している動物が75個体以上います。飼育下は外敵がおらず、餌の栄養価は高い。冷暖房も完備されており、快適な条件がそろっているので、長生きしやすいんです」

こう語るのは、千葉市動物公園の副園長・清田義昭さん。同園のスターアニマルといえば、レッサーパンダの風太くんだ。

「風太は今年で17歳です。レッサーパンダの寿命は飼育下だと15~18歳といわれており、人間にたとえると80代くらいになります」

すくっと二本足で立ちあがる姿が印象的な風太くんだが、もともと立つのは好奇心が旺盛で、外の景色を眺めるためだという。

「最近は年齢的に達観したというか、外の風景に慣れて、あまり立ち上がりません。でも、餌をあげるときは、飼育員の前でつかまり立ちを見せたりします。右目には白内障を患っており、今は左目にも異常がないか、こまめにチェックをしています」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク