コロナでトランプ政権“崩壊”か…側近も離脱し政策も迷走

コロナでトランプ政権“崩壊”か…側近も離脱し政策も迷走
拡大する(全1枚)
(写真:アフロ)

「退院時、軍用ヘリである『マリーンワン』に乗ってホワイトハウスに帰還したトランプ大統領は、自らの足で階段を上り、マスクを外してバルコニーから敬礼していました。これは、トランプ大統領の支持層である退役軍人に向けた“演出”だと私は考えています。彼は支持層に、“私はウイルスに勝った!”とアピールする必要があったのです」

そう分析するのは、アメリカ大統領選ウオッチャーで、明治大学教授の海野素央さんだ。新型コロナ感染を受けて、陸軍病院で治療を受けていたトランプ大統領(74・共和党)が10月5日に退院。同日、国民に対し動画を発信した。退院は感染判明・入院からわずか3日後という、“異例の早さ”だったーー。

“復活”をアピールする背景には、11月3日に投票日を控える大統領選がある。わずか3日で退院し、ホワイトハウスに姿を見せたトランプ大統領だが、時折肩で息をするようなそぶりを見せ、“完治”とは言い難い様子だった。

治療においては、強いステロイド剤とされる「デキサメタゾン」を使用していると報じられている。同薬には精神の高揚や落ち込み、さらに認知障害などの副作用があるとされているが……。

「民主党のナンシー・ペロシ下院議長は、『強いステロイド剤のせいで、大統領の心が侵されているのではないか』という過激な発言をしています。というのも、両者は現在、コロナ危機対策の予算措置について折衡を図っているところですが、トランプ大統領は『民主党との交渉を選挙戦後まで延期する』と一方的に話し合いを打ち切ってしまったのです。トランプ大統領は翌日に発言の一部の撤回をしたものの、『完治していない状況では、経済・外交政策も迷走するままだろう』という不信感は続いています」(在米ジャーナリスト)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク