ファスト動画で初逮捕者 著作権侵害後押しした“視聴者”の存在

ファスト動画で初逮捕者 著作権侵害後押しした“視聴者”の存在
拡大する(全1枚)

6月23日「ファスト映画」を公開した3人が逮捕された。ファスト映画とは、本物の映画のシーンをつなぎ“ネタばれ”ありで10分程度に短く編集したもの。巣ごもりが始まった’20年春から増え問題視されていたが、初めて逮捕者が出た。そんなファスト映画について、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■見る人が多いほど映画産業に打撃が

ファスト映画は、もとの映画の映像などを無断で使い、あらすじのほとんどを紹介している点が「著作権の侵害」に当たります。これは著作権法の違反で、10年以下の懲役か、1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる罪です。映画やアニメなどの会社でつくるコンテンツ海外流通促進機構によるとこの1年で2,000本を超えるファスト映画が作られ、被害は956億円にのぼるといいます。

とはいえ、ユーチューブなどには匿名で投稿することが多く「何をしてもバレない」と考える人もいるかもしれません。ですが、今回のように犯罪性が認められれば、投稿者はすぐに特定されます。ツイッターなどへの書き込みも同じですが、発信には責任が伴うことを自覚してほしいと思います。

そもそもなぜ著作権を侵してまでファスト動画を公開するのかというと、ユーチューブの広告収入を得るためでしょう。ユーチューブの投稿者は、自分のチャンネルを開設し、自作動画を投稿します。そのチャンネルを“お気に入り”に登録してくれるチャンネル登録者を1,000人以上集め、自作動画の総再生時間が、直近1年間で4,000時間を超えると、晴れてユーチューバーの仲間入り。18歳以上なら広告が付くようになります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク