日本中に押し寄せる医療崩壊の波。全国の自宅療養者は10万人に迫る勢いだ(8月20日時点)。

中等症でも病床逼迫のために入院が困難な事例が増え、自宅療養中に容体が急変して亡くなる例も相次いで発表されるなか、千葉県柏市で起きた“自宅出産、早産で生まれた新生児死亡”の一件は、とりわけ痛ましく、世に大きなショックを与えている。

経緯は次のようなものだったーー。

柏市でひとり暮らしをしていた30代女性に症状が現れ始めたのは8月9日のことだったという。女性は妊娠8カ月だった。

当初は発熱やせきなどの症状があったようだ。11日になって感染が確認され、軽症と判断された。

ところが、14日の夜になって症状が悪化。血中酸素飽和度が下がって中等症と判断され、翌日から県と市が入院先の調整を始めたが、受入れ先は見つからなかった。

そのまま自宅療養を続けていた女性は、17日の朝になって腹部に張りを感じた。訴えを受け、県、市、かかりつけ医が改めて受入れ先を探すも、見つからない。

夕方になって出血と陣痛のような痛みが起こり、女性は保健所に連絡する。この間、県や市は、入院先の調整を急ぐも、決まらない。

午後5時過ぎに女性は自宅で出産した。119番にも自ら電話した。生まれたばかりの赤ちゃんは息をしていたというが、救急隊が到着した際には呼吸がなく心肺停止状態。午後5時55分ごろに市内の病院に緊急搬送され、午後6時すぎに赤ちゃんの死亡が確認された。