「させていただきます」の氾濫に違和感…美しい敬語は?

「させていただきます」の氾濫に違和感…美しい敬語は?
拡大する(全1枚)

最近、やたらと耳につきませんか?「~させていただきます」の乱用。どう言い換えれば正解なのか、美しい日本語を操る専門家に教えてもらいましたーー。

《この度、相葉雅紀は結婚させて頂くことになりました》
《それでも頑張れる場を頂き、そしてお仕事をさせて頂けています》

9月28日に結婚を発表した嵐の相葉雅紀(38)。その結婚報告に違和感を持つ人も多いのでは……。

「短い文章に『させていただく』という言葉が2回も出ています。過剰なへりくだりですね」

こう語るのは『バカ丁寧化する日本語』『失礼な敬語』(ともに光文社新書)の著書がある、日本語・フランス語教師の野口恵子さん。

「まもなく総選挙となります。街頭では、候補者の『○○をお訴えさせていただく』という演説も耳にすることでしょう。これは翻訳家の太田直子さんも指摘なさっていた言葉ですが、今の日本では『させていただく』の乱用が目に余ります」

世の中は、“ヘリクダリスト”であふれているのだ。

「言葉は時代の変化とともに意味や使い方も変わってくるものですから、一概に“間違い”とはいえません。しかし日本語にはほかの言い回しがあるのです。また『させていただきます』の安易な使いすぎは、受け取り手が慇懃無礼に感じたり、不快感を抱くケースもあります」

そこで、テレビや日常生活でよく耳にするフレーズを例に、別の表現例を教えてもらった。

「まずは『させていただきます』を1日5回までに抑えるように心がけて、より気持ちを伝える言い回しを練習してみましょう」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク