オミクロン株は風邪と同じ?重症化するのはどんな人?医師が回答最新Q&A前編

オミクロン株は風邪と同じ?重症化するのはどんな人?医師が回答最新Q&A前編
拡大する(全1枚)
(写真:共同通信)

急速に広がるオミクロン株。軽症の人が多いとはいうが、実際の危険性はどれほどで、どう対処すればよいのか? 感染症に詳しい医師が教えてくれたーー。

「感染力の強いオミクロン株が引き起こしている第6波は、一日の新規感染者数が2万6,000人近くにのぼった第5波よりも感染者数が激増する恐れがあります。すでにイギリスでは、オミクロン株によってデルタ株流行時の3~5倍の感染者が発生しているんです。日本でも同様の事態が起きてもおかしくありません。最悪の場合、国内で1日に20万人規模の新規感染者が出ることも考えられます」

こう警戒するのは、高知総合リハビリテーション病院院長で感染制御ドクターの小川恭弘先生だ。

ついに日本でも、猛威をふるいはじめたオミクロン株。東京都は12日に、直近1週間の新規感染者の8割がオミクロン株に感染している疑いがあると発表した。さらに12日以降、大阪府や千葉県では、オミクロン株感染疑いの死者が相次いで発表されている。

埼玉医科大学総合医療センター・総合診療内科・感染症科教授の岡秀昭先生も、感染者の急増に危機感を募らせる。

「重症化率が低いからといって、新規感染者が増えていることに目をつぶるのは間違いです。感染者数の爆増によって、重症化リスクの低下分が相殺され、結果的に重症者の数が増える可能性があります。また、仮に重症者数が低くとどめられたとしても、医療従事者が感染者になることで、通常の医療体制の維持が困難になることも考えられるのです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク