受給開始時期を遅らせることで、受け取る金額を増やせる年金の繰り下げ。しかし、年金の額が増えると、税や社会保険料の負担も増えるという。結局、どれくらい繰り下げるのがいちばんお得なのかーー?

「年金の繰り下げの仕組みが大きく変わります。現在は70歳までの繰り下げ受給が、4月からは75歳まで可能になるんです」

そう語るのは、ファイナンシャルプランナーで「生活設計塾クルー」取締役の深田晶恵さん。

この4月から施行される年金制度改正法によって、今年の4月1日以降に70歳になる人は、75歳まで公的年金(以下年金)の受給開始を繰り下げできるようになる。

「受給を1カ月遅らせると、額面の年金額は0.7%増えます。たとえば5年繰り下げて70歳から受け取ると65歳時点で受け取る金額の1.42倍が、10年繰り下げて75歳から受給した場合には、1.84倍が受け取れます。65歳時点の年金額が年200万円の人なら、5年繰り下げると年金額が284万円、10年繰り下げると368万円に。この金額を生涯にわたって受け取れるのが繰り下げ受給の魅力です」

【年金の繰り下げ受給のポイント】

・年金額が増える
・公的年金は生きている限りずっともらえるので、長生きするとお得に!

【年金の繰り下げ受給の注意点】

・厚生年金の繰り下げ期間は、加給年金を受け取ることができない
・夫の死亡後に妻が受け取る遺族厚生年金の額は65歳時点の金額。繰り下げで増えた分は反映されない
・年金額が増えると、社会保険料や医療費の自己負担額などが増える場合がある


この記事の画像

「年金200万円の人が5年繰り下げると医療費負担が2倍になる現実」の画像1 「年金200万円の人が5年繰り下げると医療費負担が2倍になる現実」の画像2