【BTS独占告白】デビュー時に本誌で語っていた不安と希望
拡大する(全1枚)

「デビューしたばかりの未熟者ですが、一生懸命頑張ります!」と深々と頭を下げたのは、当時19歳のラップモンスター(現在のRM)。’13年6月に韓国デビューしたBTSは、同年10月、プロモーションのために初来日。『女性自身』編集部にも訪れていた。

9周年を間近に控えた今回は、まだ「防弾少年団」のグループ名で活動していた7人の初々しいインタビューをお届け!

ーー韓国では寮で共同生活をしているそうですが、それぞれの役割を教えてください。

ジェイホープ(19・ラップ、ダンス)希望担当:シュガさんは“お父さん”で、ラップモンスターさんは何でも壊してしまう破壊能力を持っています(笑)。僕自身は、メンバーからお母さんみたいだと言われるけれど、実際はどうなのかな?

ラップモンスター(19・ラップ、リーダー)破壊担当:ジェイホープは、説教や文句が多いんです(笑)。よくみんなの間違いを指摘するし、僕が散らかしていると、いつも片付けるよう言ってくれます。

シュガ(20・ラップ)お父さん、作曲担当:僕がお父さんと言われる理由は、ラップモンスターが壊したものを修理したり、電球を替えたりしているからかなあ(笑)。陰ながらメンバーを支えています。

ジョングク(16・ボーカル)掃除・ビジュアル担当:末っ子らしく、言われたことやこまごました用事を全て担当しています。

ジミン(17・ボーカル、ダンス)魅力担当:僕は、寒~い担当です! グループの雰囲気が悪いとき、僕が寒い言葉を冗談っぽく投げかけると、しらけつつも、場の空気が和らいでいい感じになるんですよ。