「車いすを押されて面会室に入ってきた飯塚受刑者を見たとき、〈人はわずか数年で、ここまで衰えてしまうのか〉と、正直驚きました。真っすぐ座っているのもつらいような状態に見えました」

そう明かすのは、2019年4月21日の「池袋暴走事故」で、妻の真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)の命を奪われた遺族の松永拓也さん(37)。

当時、車を運転していたのが、元・通産省官僚で、現在服役中の飯塚幸三受刑者(93)だ。

事故後の裁判で飯塚受刑者は、「車の何らかの異常で暴走した」と無罪を主張。しかし、東京地裁は2021年9月、「アクセルとブレーキの踏み間違いが原因」として、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で禁錮5年の刑を言い渡し、確定。

あれから約2年8カ月たった先月29日、松永さんは飯塚受刑者と念願の面会を果たした。

「妻子の命をむだにしたくない」という一心で、事故以来ずっと高齢ドライバーの事故防止活動を続けている松永さん。飯塚受刑者との面会も、その活動の集大成として今年3月に希望を伝えていたという。

「飯塚受刑者が面会を受けてくれるか、正直、不安でした。もしかしたら断られてしまうかも、と思っていたので、受け入れてくれたことが本当にうれしかった」(以下、松永さん)

■飯塚受刑者の反省と後悔を社会に伝えたい

面会の準備を進めてきた松永さんだが、面接では予想外のことが。

「彼は衰えからか『おぉ……』という感じで、質問して3~4分待っても言葉が出てこない状態でした。

それで途中から、『はい』か『いいえ』で答えられる質問に切り替えたんです」

質問はすべて、〈国や自治体でどのような支援があれば、免許を返納していたか〉など、“再発防止”に生かすための内容だ。

松永さんの問いに、おぼつかない様子で「はい」か「いいえ」で答えていた飯塚受刑者が、唯一、自分の言葉で答えた質問があった。それは、「再発防止の観点から、世の中の高齢者やそのご家族に伝えたいことはあるか」という質問だ。

「彼は、『早く免許を返すように伝えていただきたい』と、ご自身の言葉で即答されました。あの事故を起こしてしまった彼だからこそ、世に強く訴えたいことなんだと思います。こうしたメッセージを、しっかり社会に伝えるのが私の役目です」

そう前を向く松永さんだが、こうした心境に至るまでには、つらく苦しい日々が長く続いたという。

「彼の権利だとはいえ、裁判中は、明らかに無理な主張で無罪を争おうとする彼の態度に苦しみました。だから、なんとか有罪にしてほしい、と心を鬼にして闘ったんです。

私は怒るのが苦手で、真菜と莉子にも怒った姿を見せたことがなかった。

だから、そんな自分の姿を見せるのがいやで、ふたりの仏前で泣きながら謝ったほどです」

そんな松永さんの心境に変化が生じたのは、飯塚受刑者に禁錮5年の刑が確定したときだった。

「私はあのとき、刑を言い渡される彼の横顔を間近で見ながら、とってもむなしかった。

実刑が下ってうれしいどころか、むなしくて涙があふれた。

なぜ、加害者と被害者として互いに苦しみながら、こんなところにいるんだろう。なんとか事故を防げなかったのか、と」

ここから松永さんは、同じような被害者、加害者を生み出さない活動に、いっそうまい進し始める。

さらに今年2月、飯塚受刑者から謝罪の手紙を受け取ったことで、その思いはより強まった。

「彼からの手紙には、〈これ以上時間が経ってしまうと文字を書けなくなりそうだから、その前に遺族の皆様に謝罪したい〉と記されていました。

文面から彼の反省と後悔の念が伝わってきたんです」

松永さんは、これを読み「彼の反省と後悔の気持ちを、私の中だけでとどめておいてはいけない。社会に広めることで、再発防止につなげよう」と、心に誓った。

「過ちを犯した人の言葉って、後生の人たちの大きな学びになると思うんです。誰も被害者や加害者にならないよう、彼の経験や言葉をむだにしたくないと思って」

“被害者と加害者”という本来なら相いれない立場を超えて、“再発防止”という目的に向かって共闘していこう、と決意したのだ。

■妻は私の“道しるべ”です。

再発防止活動を続けます

一方で、こうした取り組みを続ける松永さんに対し、「高齢者の敵だ」とバッシングする人もいる。

「私は決して、高齢者だけ我慢すればいいなんて思っていません。

免許を返納しても、なるべく生活の質が落ちないよう、国や自治体が返納後のサポートを強化し、そのサービスの周知を徹底すべきだと思っています」

悲しみと苦しみのどん底に突き落とされた松永さん。それでもなお、前を向ける原動力は何か。

「真菜と莉子への“愛情”ですね。彼女たちのことを思うと力が湧いてくるんです。

それに、私は真菜のことを人として尊敬していましたから、彼女だったらどう考えるかなと思うと、おのずとやるべきことが見えてくる。今でも彼女は、私の“道しるべ”です」

真菜さんは、友人の誕生日には必ずその日に着くようにお祝いの手紙を送るような心優しい女性だ。

飯塚受刑者と面会を終えた日の夜、松永さんは仏前で、ふたりにこう報告した。

「これからもお父さんは、再発防止活動を続けることで、ふたりの命を生かし続けるからねーー」

しかし、そう報告しながらも、「ふたりに会いたくて会いたくて涙が止まらなかった」。

こんなとき、松永さんの脳裏に浮かぶのは、家族3人で過ごした幸せな日々の情景だ。

「娘の莉子は、家族で手をつなぐのが好きで、食事中でも急に『手をつなぎたい』と。食事をいったんやめて3人で手をつないで笑い合ったこともありました。

ふたりに会いたくても、それは絶対にかなわない。だから私は、再発防止の活動を続けていきます。それがふたりの願いでもあると思うから」

面会の最後、松永さんが飯塚受刑者にお礼を言うと、彼も絞り出すように、「ありがとうございました」と述べたという。

高齢ドライバーの免許自主返納率は、池袋暴走事故が起きた2019年をピークに減少している。

悲劇を繰り返さないために、事故を風化させてはならない。