「子ども処方薬9割ムダ」医師教える“正しい小児科受診法”7
拡大する(全1枚)

「子ども処方薬9割ムダ」医師教える“正しい小児科受診法”7の画像はこちら >>


「私の子どもがかぜをひいたときには、同じく小児科医をしている夫が薬を処方します。しかし、私はその薬の9割は飲ませません。子どもにはあまり薬を使いたくないからです。この本には、そんな小児科医であり母としての本当の気持ちを綴っています」



そう語るのは、とりうみ小児科の鳥海佳代子院長。小学生の男の子と女の子の双子のママでもある鳥海先生は『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない』(マキノ出版)を出版した。小児科医の“偽らざる気持ち”は、子育てに悩むママにとって参考になることが多い。そんな鳥海先生に、小児科や薬との賢い付き合い方を教えてもらった。



【1】かぜは薬で治りません



「一般的なかぜは80~90%がウイルスによって引き起こされます。そのウイルスは100種類以上ありますが、これらをやっつける薬はないのです。まして、細菌を退治するための抗生剤を飲んでも、ほとんど意味がありません」(鳥海先生・以下同)



【2】3歳までに多くの病原体との出合いを



「多くの子どもは4歳になると、小児科を受診する回数がガクッと減ります。これは3歳までにさまざまな病原体と出合い、闘うことで免疫がつき、一般的な感染症にかかりにくくなるからです。3歳までは、病原体と出合って熱が出ることも少なくありません。でも、病原体に打ち勝ち、回復することで、免疫という“貯金”ができるわけです」



【3】薬を出しすぎる医者にだまされない



「薬の処方は医師によって異なります。下痢をしている子どもに、抗生剤、整腸剤、せきの薬、痰を出しやすくなる薬、気管支拡張剤……とドッサリ薬を出す、ひどいクリニックもあります。たくさんの薬を処方されたときに『いっぱいもらえてよかった』ではなく『大丈夫かな?』と思うことが大事」