世界的眼科医が警告!白内障手術で眼科選びに注意すべき理由

確かに柔らかいこのレンズは、折りたたんで目の中に移植するのはとても簡単です。医師の側は、まるで手術がうまくなったような気がします。大学病院のような研修病院の経験の浅い医師でも、手術がうまくなったような錯覚を覚えるほどです。アメリカ眼科学会の理事として、アメリカ人の患者を救うことはできましたが、日本では多勢に無勢で、このレンズの問題を指摘しても、駄目でした。本の中でも主張していますように、日本ではたとえ間違っていても、大学が中心として作ったガイドラインに従うことを強いられたり、多勢が使っているからむしろ良いのだとされるような、非常識極まりないことが充満しています。



そのレンズも今は第3世代になり、さすがに初期よりは良くはなっているのですが、しかし製造方法が流し込みの「モルディング法」なので、どうしても分子間結合は「レースカット法」で削り出したレンズよりも緩くなり、間に水の分子が入ります。つまりレンズが濁ってきます。我々の施設ではもちろん、できるだけ良い眼内レンズの素材を選んでいます。実験では100年持つとされたタイプのレンズを使っています。これは、先ほども書いたような、比較的固いレンズを削り出して作製するもので、折りたたんで移植するには少し難しいのですが、手術後の視力ははるかに良くなります。



我々の使うレンズは高価ですが、アメリカではレンズの保険代を2倍請求できます。日本ではどんなに良い高価なレンズを使っても、保険代は同じです。この差額は当院で負担することになりますが、白内障手術後にほとんどすべての方が、1.2以上の視力が出て喜ぶ姿を見ると、最高のレンズを使って良かったといつも思います。白内障手術は医師の技術だけでなく、眼内レンズの品質にも気を付けてください。つい最近も、テレビに出たりして有名なある白内障術者に手術を施行され、この問題のあるレンズを移植された某出版社社長が、助けを求めて当院に来院しました。矯正視力は最高で0.5しか出ないのです。さらに、後嚢のクリーニングはされておらず、白内障の取り残しもあり、片眼は手術中に失敗して後嚢を破っているのです。しかも患者の術後の両眼は遠視となっていて、眼鏡を4つも作っても見えないと嘆くのです。


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2017年2月2日の女性コラム記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。