3カ月に1度は薬局へ…自分でできる“血液検査”のすすめ



では、どのように利用すればいいのだろうか。



「健康だと思っている人にこそ、ぜひ検査をしていただきたい。血糖値は、暴飲暴食など生活習慣が乱れた人だけ上がるわけではありません。とくに40歳を過ぎると、朝昼晩と普通に食事をしていても、上昇するケースがあります。自治体や会社の健康診断で血糖値を測ることが前提ですが、数値が高めだと指摘された人は、翌年の健康診断までの間、3カ月に1度は『ゆびさきセルフ測定室』で血糖値やヘモグロビンA1cを測って、推移を見守ることが重要です」



ヘモグロビンA1cは糖尿病の診断基準になる検査。これは約2カ月間の血糖値の平均を示す値。



「これら血糖値の数値が診断基準に満たない場合でも安心せず、3~6カ月に1度は測定しましょう。血糖値は、栄養バランスの取れた食事、適度な運動など、生活習慣を改善すれば、それとともに下がっていきます。つまり生活習慣が乱れているかどうかの指針でもあるのです。体重が減っていくことがダイエットの励みになるように、正常な血糖値でいることを、健康的な生活習慣を続ける励みにしてはいかがでしょう。自分の体重や身長がパッと答えられるように、これからは血糖値も、即答できなければいけない時代です」

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月28日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。