「白内障」に苦しむモト冬樹を救った「多焦点眼内レンズ」とは?

こう目が衰える仕組みを解説するのは、『「よく見える目」をあきらめない』(講談社+α新書)の著者で、みなとみらいアイクリニックの荒井宏幸医師。いったん老眼になったら元に戻らない、と思いがちだが、あきらめるのは早いという。



「かつて老眼の矯正方法はメガネだけでしたが、遠近両用コンタクト、目の表面の角膜にレーザーを当てて視力を矯正する『レーシック』、さらには水晶体を摘出して眼内レンズを入れる手術などが登場しました。目の不調を訴える人は、モトさんのように近視や乱視、老眼や白内障などを複合的に患い、要因はひとつではありません。そこで、最近は遠くのものも近くのものも見える『多焦点眼内レンズ』を用いて手術を行うのが主流になってきています」(荒井先生・以下同)



老眼と多焦点眼内レンズに関する詳細な統計はまだないが、白内障で多焦点眼内レンズを用いた手術は、'08年から厚生労働省の先進医療として適用されたため、手術を受ける人は年々増えている。厚労省によると、'16年7月1日~翌年6月30日までの1年間に555の医療機関で、前年より3,000件増の1万4,433件の手術が行われた。平均的な技術料は58万円となった。



白内障に対する先進医療として手術を受けると、手術費用は自己負担だが、手術前後の検査や診察は保険診療で受けることができる。生命保険などの先進医療特約に加入していれば、費用は保険会社から医療機関に全額支払われる。モトさんも、レンズ代と治療代で費用は片目で90万円と高額だったが、医療保険の先進医療特約に加入していたため、全額保険でまかなうことができたという。



しかし、「老眼」での治療だと全額自己負担になるから注意が必要だ。費用は片目50万~100万円と医療機関によってかなりの差がある。みなとみらいアイクリニックでは、レンズ代込みで片目80万円。「多焦点眼内レンズ」を使った手術は、年齢的には80歳を超えても、過去にレーシックの手術を受けた人でも可能だ。

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2018年2月15日の女性コラム記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。