【インタビュー】Hikaru//「昔はできなかった、今だからできた表現」――H-el-ical//、4thシングル「JUST DO IT」への想いと新しい表現への挑戦とは?
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
Kalafina・Hikaruが発足した新たなソロプロジェクト・H-el-ical//の勢いが凄まじい。1月26日(水)に発売された4thシングルは4作品目となるアニメタイアップ。表題曲「JUST DO IT」は、現在放送中のTVアニメ『終末のハーレム』の幕開けを飾っている。

登場人物たちの心の機微を描いた歌詞、1つのジャンルに捉われない多彩な表現で孤高のスタイルを確立してきたH-el-ical//だが、本作でもまた新しい表現に果敢に挑戦している。大人びた色気を放ちながら、アニソンならではの疾走感を持った「JUST DO IT」。曰く「昔はできなかった、今だからできた表現」。そして「新しい出会いが新しい引き出しを増やしてくれる」と嬉しそうに語る。彼女の表現への欲求は留まることを知らない──。初の舞台演劇に挑戦することも発表したばかりのHikaru//へ話を聞く。

ライブでの感触
――2022年第1弾となる新作がリリースされます。先日ライブで披露されたそうですが感触はいかがでしたか?

Hikaru// 昨年12月、京都で開催された“京 Premium Live -2021-”で初めて「JUST DO IT」を披露したんです。年明けにあった、鹿児島の“りなメロ♪”というフェスでは「JUST DO IT」とカップリングの「IMPOSSIBLE LOVE」を歌わせていただきました。皆さんに生の音で新曲を感じていただける機会なので、歌っている身としてもより気持ちが入りましたね。ライブでは、そのときそのときのお客さんの反応を見ながら声に感情を乗せられるので、生とCDとでは違ったものがあるなと改めて感じています。