【インタビュー】ASCA、再び梶浦由記とタッグ!TVアニメ『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』特別編 主題歌のニューシングル「君が見た夢の物語」でみせる新たな歌の世界――。
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
アーティスト・ASCAのニューシングル「君が見た夢の物語」がリリース。昨年末に放送されたTVアニメ『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』特別編 主題歌で、本人としても待望の梶浦由記プロデュース楽曲となっている。梶浦由記の巧みなディレクションによって引き出されたASCAの新しい歌の世界とは――?

「君が見た夢の物語」のテーマはミュージカル?

――ニューシングル「君が見た夢の物語」(TVアニメ『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』特別編 主題歌)ですが、今回は梶浦由記さんの楽曲ということで、まずはこのお話をいただいたときの感想はいかがでしたか?

ASCA 本当に本当に嬉しかったです。以前、「雲雀」という楽曲で梶浦さんと一緒に音楽を作らせていただいたときに、改めて歌う楽しさを感じたんです。しかも、初めてバラード曲をリリースしたので、反響がたくさんあって、未だにいい曲だって愛してくれる方もたくさんいらっしゃるんですね。今後も音楽を通して梶浦さんと関わっていけたらいいなという夢があったので、喜びでいっぱいでした。

――しかも『ロード・エルメロイ』ですからね。

ASCA 作品自体も大好きですし、そもそも今回の企画がアニメのオープニングのインスト曲なんですよ。

――聴いたときびっくりしました。これ、あのオープニングじゃないか!って。

ASCA 私も配信を観ながらかっこいいなと思って聴いていた曲なので、驚きましたし、最初の印象としては「これを歌ものにするとどうなるんだろう」っていう、未知なところがありました。しかもこれは私が歌うということで、梶浦さんが新たに考え直していただいたメロディなんですよ。