榎木淳弥ら豪華声優陣出演&大石昌良が主題歌を手掛けたことで話題の『PRELUDERS』!声優×ヒーロー×音楽に懸けたスタッフの想いにも注目!!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
ポニーキャニオンが3月に開催された『AnimeJapan 2022』にて発表した、豪華声優陣による音楽とボイスドラマで展開されるヒーローコンテンツ『PRELUDERS』(プレリューダーズ)。各所で話題の本作から、大石昌良が作詞作曲を手掛ける主題歌「ヒーローライセンス」の先行配信がスタートし、併せてミュージックビデオが公開された。

ヒーローコンテンツ『PRELUDERS』情報

本作を企画したのは、ポニーキャニオンのリテールビジネス部・青木大空とビジュアルクリエイティブ本部・濱口真央。制作のきっかけについて、青木は「若手社員を中心にパッケージに捉われないIPを作ろうという機運が高まっていて。そこで、アメコミ好きの僕と、濱口、アニメ好きのもうひとりとで、オリジナルのヒーローコンテンツを作ってみようとなりました」と語っている。

また青木にはヒーローコンテンツへのこだわりがあるそうで、「ヒーローとしての行動原理だけは最初から想い描いていて。大好きなマーベル映画の影響もあって、完璧じゃないけど、清くあろう、正しくあろうという姿にヒーロー性を見出せるんじゃないかという想いを核にしています」とコメント。

人気急上昇中の声優・榎木淳弥内田雄馬ら豪華キャスト陣については、「チームでお願いしたい方を挙げて、希望の方々にオファーを出しました。護人明日可役の榎木さんは、『SSSS.DYNAZENON』や映画『スパイダーマン』の吹き替えが特に印象深く、絶対にお願いしたくて。優しい人柄の中に絶対に曲げない芯のある雰囲気が、役に合うと思ったんです」と青木を中心にチームの想いが通じたキャスティングになっているとのこと。