【ライブレポート】初めてでも楽しめる堀江由衣ランド! 『文学少女倶楽部Ⅱ ~放課後リピート~』東京公演レポート!!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
堀江由衣 LIVE TOUR 2022 文学少女倶楽部Ⅱ ~放課後リピート~』が終幕した。4月29日の名古屋、翌30日の大阪、そして5月7・8日の立川という3ヶ所で開催された今回のツアーは堀江由衣にとって2019年に開催した『堀江由衣 LIVE TOUR 2019 文学少女倶楽部』以来となる公演だったが、稀代のグレイテスト・ショーウーマン、生粋のエンタテインメントプレゼンターは健在であった。まるでアミューズメントパークかのように、初来場者も、楽曲を1曲も知らない人も楽しめる堀江由衣ワールドの展開がそこにはあった。エンタメ精神の極みともいうべき堀江由衣ライブを未体験の人に向けて、5月7日の様子を振り返りながら紹介していきたい。

最初から最後まで堀江由衣から渾身の“楽しませ”を授かる場
これまでも堀江由衣は自身のライブで、楽曲と物語の2本柱を多角的に展開してきた。だが、ライブ『-文学少女倶楽部』ではその精神はそのままに、観客をエンジョイ&エキサイティングさせる方法としてバンド&ダンサーというスタイルをとり、アルバムインタビューで「しっくりきた感覚」と語ったように今回もその形式を踏襲、内容に関しても続編にあたるライブになっている。バンドとダンサーによるステージは決して珍しい形ではないが、前述したように堀江由衣ライブはエンタテインメントショーであり、そこに緻密な設定と世界観が屹立する。今回のライブでも、「文学少女倶楽部」という部活動にいそしむ学生たち、を中心とした物語が展開され、堀江由衣もその部員の一人である。