川崎小学生殺傷事件でまた「在日が犯人」のヘイトデマ! 凶悪事件を悪用する差別、過去には百田尚樹や竹田恒泰も

川崎小学生殺傷事件でまた「在日が犯人」のヘイトデマ! 凶悪事件を悪用する差別、過去には百田尚樹や竹田恒泰も
拡大する(全1枚)
川崎市ホームページより

 川崎市登戸で起きた、小学生ら十数人が刺された事件。犯人と思われる男性も死亡が伝えられており、犯行の動機や背景はもちろん被害の全容はまだ明らかになっていない。

 ところが、このニュースに、ネトウヨたちがまたぞろ「犯人は在日」などという根拠のないヘイトデマをわめきたてている。

〈犯人の名前が出ないのは?在日?〉
〈川崎とかまた在日の犯罪かよ〉
〈川崎は在日の犯罪が多く犯人は在日かもしれません。〉
〈川崎か…在日の可能性… 異文化強制・移民政策を進めるとこんな惨劇が日常茶飯事な国になりますね 欧州みたいに〉
〈犯人、川崎市麻生区の51歳と分かってるのになんで名前出さないの?いつもの、在日外国人に配慮するアレなのか?〉
〈川崎の殺傷事件また在日韓国人の仕業だろ。 在日韓国人は日本から追い出すべきだよ。 沖縄にもいらない。反日感情もってる中国人と韓国人はでてってよ。〉

 凶悪事件が起きるたびに繰り返されるこの差別的なデマの拡散、ヘイトスピーチはどうにかならないものか。

 まず大前提として犯人の身元は判明しておらず、「在日の仕業」などというのは、根拠のないデマだ。

 しかも、現場が川崎市というだけで、在日が多いという決めつけ自体がなんの根拠もないし、仮に、そこが在日韓国人・朝鮮人の比率が多い地域だったとしても、現実には在日外国人の犯罪よりも日本人の犯罪の件数のほうが圧倒的に多い。とにかく、何から何まで、なんの合理性もない。

 いや、それ以前に、どんな犯罪であろうと、国籍や民族、出自などの属性を一括りにして悪質なレッテルを貼るのは、差別の扇動、卑劣なヘイトスピーチ以外のなにものでもないだろう。

 しかし現在の日本では、凶悪犯罪が起きるたびに、こうした犯人が在日韓国人・朝鮮人だとする差別的なデマやヘイトスピーチが飛び交う事態が恒例となってしまっている。

 たとえば、2016年7月に相模原の障がい者施設で起きた大量殺人事件でも、ネトウヨたちは「犯人は在日」「在日によるテロ」などという根拠のないデマをわめきたてていた。

 犯人が在日などというのはデマであり、むしろ事件の背景にあったのは弱者を排除する差別思想。ネトウヨや安倍政権の閣僚の考え方と親和性の高いものだった。

●百田尚樹は千葉大医学部の事件で「犯人は在日外国人たち」とデマ

 しかもこうしたヘイトスピーチを吐き出すのは匿名のネトウヨだけではない。

 百田尚樹は、2016年12月、千葉大医学部の学生3名が集団強かん致傷容疑で逮捕された事件で氏名が未公表だったことについて、〈犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする〉とツイート(のちに容疑者らの氏名が公表されなかったのは、そのうちの一人が“法曹界の名家”であることを警察が配慮した結果だと報じられデマが確定)。

 また竹田恒泰は、2016年5月に、東京都・小金井市の女子大生が男に首や胸など20カ所以上を刃物で刺された事件で、犯人の男の名前が「自称」と報道されたことについて、〈なぜ本名で報道しない?ここが日本のメディアのおかしいところ。臆する必要はない。本名で報道すべき。これは私の憶測だが、容疑者は日本国籍ではないと思われる〉とツイート。無根拠に“容疑者は日本人ではなく在日外国人だ”と示唆して在日コリアンへのヘイトを煽った。

 さらに、俳優の新井浩文が逮捕された際も、新井の出自にかこつけたヘイトスピーチが溢れたこともあった。

「犯人は在日」などと叫んでいる者たちのなかには、犯人とされる男性の名前が公表されていないことを根拠に挙げているものがいるが、これは典型的な「在日特権」デマによるものだ。

 現実として、犯罪を犯せば日本の警察の履歴にも名前が残るし、その是非はともかくとしても多くのメディアが実名で報じている。

●批判するべきは凶悪犯罪なのに、在日差別扇動に利用する右派

 そもそも在日韓国人・朝鮮人が「特権」などと言われる特別な利益を得ているということ自体がデマなのだ。ネットで流通している“在日は税金や水道料金を払っていない”も、“犯罪を隠すために「通名」を使える”などもすべて事実無根である。

 そもそも、歴史的に「通名制度」は、日本の植民地政策のなかで半ば強制されてきたもので、戦後も就職差別や結婚差別から逃れるために「通名」を使い続けざるをえないという側面があった。それを特権扱いするのだから、その差別性には呆れるしかない。

 あげくは、「在日外国人」というだけで「反日」と攻撃する。韓国や中国を「反日国家」と呼ぶことにためらいがなくなった状況のなかで、外国にルーツを持つ人たちを「反日民族」と言いふらすことは、「攻撃対象にせよ」と煽っているのと同じである。

 関東大震災での朝鮮人虐殺では、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が放火してまわっている」というデマによって、無辜の朝鮮出身者が殺害された。それは、単なる非常時のデマではなく、民衆の差別感情と「朝鮮人」という属性へのレッテル貼りが招いたヘイトクライムだった。事件が起こるたびに何度も「犯人は在日」なるヘイトデマが飛び交う現代日本社会をみていると、このままでは同じことが起こらない保証はないとさえ感じる。

 抵抗できない子どもも含む多くの死傷者を出した今回の殺傷事件が許されないことは言うまでもないが、犯人がどこの国籍であろうと、批判されるべきは犯人自身と犯罪行為そのものであり、正すべきはそうした犯罪を生み出す社会構造のほうである。それは、まさに「犯人は在日」などといってマイノリティへの攻撃を扇動するような社会のことだ。
(編集部)

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。