百田尚樹がダレノガレ明美に「幼稚園児みたいなこというな」とモラハラ親父的攻撃! でもダレノガレは怯まず逆襲「指がもげるよ」

百田尚樹がダレノガレ明美に「幼稚園児みたいなこというな」とモラハラ親父的攻撃! でもダレノガレは怯まず逆襲「指がもげるよ」
拡大する(全1枚)
百田尚樹に絡まれ炎上したダレノガレTwitter


 タレントのダレノガレ明美が、あの百田尚樹センセイに絡まれ、“炎上”に追いやられているのをご存知だろうか。安倍応援団のネトウヨ作家と、おしゃれインフルエンサーの人気モデルに何の接点が?と首をかしげる人も多いと思うので、簡単に流れを振り返っておこう。

 導火線となったのは、最近、箱根や八王子などの街中に野生のイノシシが出没しているというニュースだ。街に降りてきたイノシシが人間に危害を加えるのではと不安視されており、自治体は駆除などの対策に取り組んでいる。出没の理由としては、猟師が減ったことによる絶対数の増加や、森林伐採等の環境破壊による生態系の変化など、いくつかの説があるが、はっきりとした原因はわかっていないという。いずれにしても、イノシシは不足した食料を求めて人里に降りてきているものと推測される。

 ワイドショーなども盛んに取り上げている「イノシシ問題」だが、これにダレノガレが反応。10日、自身のTwitterに“イノシシが箱根の商店街を疾走”というテレビのニュース画像をアップし、こんな感想を投稿した。

〈イノシシの居場所をとってしまってるのは
人間だよね。
悲しいね。
食べるものがないから街に行くしかないのよね。
イノシシだって人間の住む街に行きたいわけじゃないはず。
だから、危ないけれども
イノシシを殺さないでほしいな。〉

 14日現在、このツイートは4800万件以上リツイートされ、1.2万人の「いいね」がついているのだが、一方で、ネットの一部からは「そのまま突進されて血だらけになれってか」「野生のイノシシ飼えるものなら飼ってみろ」「なら人間を間引きすれば?」「ゴキブリ出てきたら絶対殺しそう」などと批判的な声が相次いだのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク