五輪入場行進曲のメディア向け資料に作曲者名なし! LGBT差別の「すぎやまこういち」隠しか、組織委の作家軽視の表れか

五輪入場行進曲のメディア向け資料に作曲者名なし! LGBT差別の「すぎやまこういち」隠しか、組織委の作家軽視の表れか
拡大する(全1枚)
『チャンネル桜』に出演するすぎやま氏


 東京五輪開会式の選手入場行進のオープニングで、作曲家・すぎやまこういちが手がけた「ドラゴンクエスト」「序曲:ロトのテーマ」が流されたことが問題になっている(既報を参照のことhttps://lite-ra.com/2021/07/post-5961.html)。

 本サイトの記事でも指摘したが、すぎやま氏はこれまで「LGBT に生産性がない」という差別発言を行った杉田水脈氏に「ありがたい」「正論ですよ」などと同調したり、「慰安婦は強制ではない」「南京虐殺はなかった」といった主張を繰り返してきた。

 こうした差別的、歴史修正主義発言が問題になり、「小山田圭吾や小林賢太郎は外したのに、なぜすぎやまこういちは外されないのか」という声が上がっているのだ。

 すぎやま氏はといえば、安倍晋三前首相との親密な関係が有名で、行進のオープニングに海外ではさほど有名でない「ドラクエ」のテーマ曲が使われたのも、安倍前首相の提案だったのではないかといわれている。そんなところから、「LGBT差別発言はネットで大きな問題になっていたかから組織委も把握していたはずだ。安倍前首相への忖度で、すぎやま氏の曲は外せなかったのではないか」という見方も流れている。

 もっとも、五輪組織委は「ドラクエ」の曲は入場行進オープニングで流す一方で、「すぎやまこういち」という名前は隠していたらしい。

 開会式当日、ジャーナリストの津田大介氏がキャスターを務めるインターネット報道番組『ポリタスTV』で、近現代史研究者の辻田真佐憲氏、『Weの市民革命』などの著書で知られる文筆家の佐久間裕美子氏とともに、開会式中継を見ながら議論していたのだが、そのなかで津田氏がメディア関係者から直前に入手したという「メディアガイド」「メディア向けの」資料の内容を紹介。


当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「LGBT」に関する記事

「LGBT」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LGBT」の記事

次に読みたい「LGBT」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク