眞子内親王をPTSDにした“小室圭さんバッシング”の差別的本質! 竹田恒泰は“小室嫌悪”を扇動し女系天皇ツブシに悪用

眞子内親王をPTSDにした“小室圭さんバッシング”の差別的本質! 竹田恒泰は“小室嫌悪”を扇動し女系天皇ツブシに悪用
拡大する(全1枚)
宮内庁HPより


 10月1日、眞子内親王と小室圭氏が10月26日結婚することを、宮内庁が正式発表。合わせて、眞子内親王が誹謗中傷により「複雑性PTSD」と診断されていることも公表された。

 無理もない。普通に考えてシンプルに結婚が何年も延期されるという事態だけでも精神的負担は大きく、その上この間4年以上にわたって、眞子内親王と小室氏は苛烈なバッシングに晒されてきたのだ。この状況で心身に異常をきたさない人は、なかなかいないだろう。

 ところがネットでは、バッシングが収まる気配がまったくない。このPTSD公表のニュースに対してすら、「自業自得」「だったら結婚やめれば」「病気を盾にして卑怯」などと誹謗中傷コメントが大量につけられている。ネットだけではない。小室叩きの急先鋒『バイキングMORE』(フジテレビ)も、いまだに「そもそもの原因は金銭トラブル」「結婚発表までに解決すべき」「母親はなぜ元婚約者に会わないのか」「眞子様のためを思って言っていた」などと主張し続けていた(10月4日放送)。

 テレビなど多くのマスコミはPTSD公表を受け一転、神妙な様子で報じているが、つい数日前まで“小室さんバッシング”に興じていた。

 記憶に新しいのが、小室氏の3年ぶりの帰国をめぐるメディアスクラムだ。小室氏の乗った飛行機到着を各局が生中継し、帰国を速報で報じるテレビ局もあるなどヒートアップ。前出の『バイキングMORE』などは小室氏に護衛が付いていることをVIP待遇などと揶揄していたが、実際は、メディアの小室氏バッシングへの熱狂が物理的なトラブルが起きてもおかしくない状況を作り出したといえる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク