眞子内親王の結婚に際して佳子内親王が勇気あるコメント! 理不尽なバッシングに負けず「人権」をつらぬいた姉妹に拍手

眞子内親王の結婚に際して佳子内親王が勇気あるコメント! 理不尽なバッシングに負けず「人権」をつらぬいた姉妹に拍手
拡大する(全1枚)
宮内庁HPより


 秋篠宮家の眞子内親王と小室圭氏が結婚、会見が行われたが、当初予定されていた質疑応答を取り止めたことなどで、またぞろ2人にはバッシングが浴びせられている。

 小室氏の母親と元婚約者の金銭トラブルについて説明しろ、というのだが、トラブルの経緯については4月に28枚の説明文書をすでに公表している。というか、そもそも親の金銭トラブルについて、なぜ子どもが公の場で国民に説明しなければいけないのか。多くの人が「税金ガー」と喚いていたが、一時金だって辞退しており、説明責任なんてまったくない。むしろ、会見を取り止めず開いただけでも、誠実な対応というべきだろう。

 しかも、眞子氏は、フェイク報道やそれに基づいた誹謗中傷について抑制的ながら踏み込んで語り、非常に説得力があった。

 眞子氏は、元婚約者への対応やアメリカへの留学などが、小室氏の独断ではなく自分の意向に沿ったものだったとことをあらためて明言。さらに、「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない」として口頭での質疑応答を取り止めた原因についても、回答文書で具体的に指摘した。

 その質問とは、小室氏が法学部卒ではないのにフォーダム大学ロースクールに入学したことが皇室利用による特例だとして、眞子内親王は皇室利用を許容したのかと問うもの。国際基督教大学(ICU)は学部は教養学部ひとつだが、アメリカの大学に多いメジャー制度を取っているので、法学を専攻し修了していれば、法学部卒と同等の扱いでもおかしくない。マスコミは少し調べればわかるデマを平気で質問していたわけで、改めてこの間のバッシングがイチャモンに過ぎないことが改めて浮き彫りになった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク