<日本の恥を世界へ>東京五輪開会式「演出家不在」の中途半端感

<日本の恥を世界へ>東京五輪開会式「演出家不在」の中途半端感
拡大する(全1枚)
高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

7月25日の『サンデージャポン』で、デーブ・スペクターがオリンピックの開会式を酷評した。自身のツイッターで「7年間準備して、これ?」とつぶやいていたデーブは、意見を求められ、「現場で頑張った人たちはさておいて、165億円と言われている予算に値するコンテンツとホントに思ってるんですか?って聞きたい」と発言した。
<日本の恥を世界へ>東京五輪開会式「演出家不在」の中途半端感...の画像はこちら >>
デーブの言いたいことは、痛いほどわかる。しかし、日本語が達者なデーブにしては言い回しを少し間違えた。「現場で頑張った人たちはさておいて」は、「現場で頑張った人たちには敬意を表しますが」であろう。それに165億円という予算に絡めての発言で「カネのことは言うな」というありがちな日本人の潔癖感に火を着けてしまった。

怒りで熱くなって反論したのが鈴木紗理奈である。

 「私すごい問題やと思うのが、本来競技を見るものやのに、オリンピックのそれ(開会式)がショボいとかお金をかけるからいいとか、これだけかけたのに・・・っていうもの自体がオリンピックが利権やとか言われる元になってるから、私それを言うのは、ホントにお門違いやと。(では、開会式を」なくしたら良くないですか」

紗理奈の反論は、よく読めばわかるが、怒っているだけで的がずれている。これに対してはデーブは「同感です。スポーツはスポーツだけでいい」と賛同している。

デーブは続けて酷評する。

 「すべてが非常に手抜きですよ。日本国内や海外が求めるような日本の魅力的な面白いコンテンツ、ゴジラ、ロボット、マスコット・・・。何もないんですよ。忍者も侍もない。歌舞伎だって、派手な演出できるのに、何あれ、すぐ終わっちゃって。花火だって神宮球場の花火のほうが長いもん」

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク