<日本の恥を世界へ>東京五輪開会式「演出家不在」の中途半端感

まず、全体の構成がなっていない。これは、総合演出家が不在だったために起こったことで、ショーの流れを作る作業がなされていないからである。すべてが中途半端になってしまった。ショーディレクターと称する人が直前に解任されたが、以前はあの人が総合演出家だったのだろうか。今は誰なのか、確認のしようがないが、その人がいても流れができていなお粗末だったような気もする。

ビートたけしはTBS『新・情報7daysニュースキャスター』で「いらないよ演出家なんかあれ。(数年後に振り返ると)いかにバカだったかわかるでしょうね、日本は」と述べているが、これは、あの程度のショーを作るんなら「演出家なんかいらない」という意味であって。演出家がいないとあの膨大なオムニバスショーは構成できないのである。

「The show must go on」(ショーは続けなければならない)であるし、「The show must move forward」(ショーは前に進まなければならない)のである、それが流れを作る構成のちからである。細切れの出し物を段積みにするだけではショーは止まったままで、飽きてしまう。次に何が来るかワクワクしないのはショーではない。

報道では、不祥事発覚で「組織委員会の理事は開会式は、中止にするか、各国・地域の選手の入場行進、聖火点火、開会宣言のシンプルなものにするしかないと会議に出席した理事全員が同意した」とされるが、そちらに振り切るほうが良かったのではないかと、今回の開会式を見て思う。だが、結果は演出家不在の中途半端なものになったのである。

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク