カレーしか喜ばない夫や子に妻たち絶望 「旦那は家畜と同じです」と涙

カレーしか喜ばない夫や子に妻たち絶望 「旦那は家畜と同じです」と涙
拡大する(全2枚)
※ハンバーグ好きな夫で何が悪い!

※ハンバーグ好きな夫で何が悪い!

「うちの家族にこった料理を作って食べさせても、結局喜ぶのはハンバーグとか、子どもじみた料理だけ。もう疲れました。最近では毎日主菜はレトルトのハンバーグか、冷凍食品の唐揚げです」

東京都在住の主婦・Tさん(29歳)はそう語りつつも、その日の夕食の献立を「一応は」考えていると言う。彼女の事例は極端なものであるにしろ、家族の食の嗜好に悩まされている主婦たちは多い。

パルシステム生活協同組合連合会が、11月20日に公式サイトに掲載した「家族の食卓に関する調査結果」(20歳~59歳の既婚女性を対象に、約1000名の有効サンプルを集計)によれば、家族から最も喜ばれる手料理は、1位「カレーライス」、2位「ハンバーグ」、3位「鶏のからあげ」だ。

実際小学生の2児を抱える筆者も、これは実感するところ。たしかに、カレー、ハンバーグ、鶏からは鉄板料理。「モコズキッチン」で覚えた料理を食べさせても、「油っこい」「お前のイケメン好きは異常」などと頓珍漢なことを返されることもある。

知人の主婦10人に聞き取り取材をしたところ「料理の作りがいがない」と6人が答えた。さきの調査結果に納得する反面、その先に不満を抱えているケースがあるようだ。

いずれも「手抜きで作ったカレーが喜ばれるのは複雑」「外で食べたなんとかが美味かったとか言うくせに、私の作る料理は褒めない」「うちの夫が『今日はハンバーグか』と喜んでるのを見ると『このマザコン野郎が』と怒りがわく」「同じ料理しか喜ばない、動物にペットフードをあげている気分になる」といった答えも。先ほどのTさんは現在離婚を考えており、食卓での不満は、理由の一つだと言っている。

この記事の画像

「カレーしか喜ばない夫や子に妻たち絶望 「旦那は家畜と同じです」と涙」の画像1 「カレーしか喜ばない夫や子に妻たち絶望 「旦那は家畜と同じです」と涙」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク