日本酒の発祥とも言われている!?「菩提酛(ぼだいもと)」の歴史とその手法を解説

日本酒の発祥とも言われている!?「菩提酛(ぼだいもと)」の歴史とその手法を解説
       

菩提酛(ぼだいもと)とは、日本酒など清酒造りに使用される酒母の一種であり、菩提酛を使用した酒造りの手法のことをいいます。

奈良県奈良市の菩提山正暦寺で確立された菩提酛は、日本酒の発祥と言われています。

今回は正暦寺と日本酒の関係、菩提酛の歴史や特徴についてご紹介します。

正暦寺について

日本酒の発祥とも言われている!?「菩提酛(ぼだいもと)」...の画像はこちら >>

正暦寺は奈良市の南東部、JR奈良駅から車で約30分の山あいにある真言宗の寺院。

992年に一条天皇の勅令で創建され、当初は80以上の頭塔が立ち並んでいましたが、1180年の平家による南都焼き討ちで廃墟となりました。

1218年に興福寺を中心とする法相宗の学問所として復興しますが、江戸時代中期以降、急激に衰退してしまいます。

現在は本堂、鐘楼などのわずかな建物を残すのみとなっています。

正暦寺と日本酒の関係

この正暦寺で、画期的な酒造りの技術が開花したと言われています。「三段仕込み」「諸白造り」「菩提酛造り」など、近代醸造法の基礎となる濁ったお酒を搾る製法が確立されたのです。

腐敗を防ぐための「火入れ」もここで生まれたと言われており、これが日本酒など清酒の誕生とされています。

菩提酛の歴史とは

日本酒の発祥とも言われている!?「菩提酛(ぼだいもと)」の歴史とその手法を解説

菩提酛とは日本酒など清酒を造る手法の一つです。乳酸菌発酵を利用する方法が、後の生酛造りの原型となったと言われています。

正暦寺では自家製造していた酒(僧坊酒)の醸造技術、品質が非常に高く、鎮守などの献上用としても重宝されていました。

それまでは、麹米は玄米を用いる「片白造り」でしたが、正暦寺では麹米も精白米を用いる「諸白造り」を採用していたとされています。


あわせて読みたい

nomoooの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月31日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。