日本ワインの代表産地!山梨ワインの人気おすすめランキングTOP10【専門家セレクト】

       

近年は「日本ワインブーム」と言われるほど、多くのワインが日本で造られるようになりました。日本にあるワイナリーの数は年々増えており、身近な店舗でもおいしい日本ワインが入手できるようになりました。ラベル表示のルールも整備され、制度の面でも国産ワインの品質向上を目指す動きが活発になっています。

その日本ワインを代表する産地が、今回ご紹介する山梨県です。山梨には高い技術を持ったワイナリーが数多く存在し、日本固有の品種や国際品種から、多種多様なワインが生み出されています。そこで今回は、ワインエキスパートの筆者が「おいしくて入手しやすい山梨ワイン」を10本セレクトしました。山梨ワインの基礎知識もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

山梨ワインの基礎知識

日本ワインの代表産地!山梨ワインの人気おすすめランキングTOP10【専門家セレクト】

山梨県は、日本ワインの生産量もワイナリー数も日本一。まさに日本ワインを牽引する存在とも言える山梨県のワイン造りについて、基本的な部分を確認しておきましょう。

山梨ワインの歴史

山梨県でワイン生産が本格的に始まったのは、明治の初めごろ。殖産興業政策の一環としてワイン生産が奨励されたことがきっかけとなり、1874年ごろに初めての本格的なワインが造られます。このとき、山ぶどうから赤ワインが、勝沼産の甲州から白ワインが生み出されたそうです。

その後、ワイン生産はどんどん広まり、1939年には山梨県内になんと3,694件ものワイナリーが立ち並ぶまでになりました。戦後、日本全体でのワイン市場の拡大に伴って、山梨県の大手メーカーが国際品種の導入を試みたり、中小ワイナリーが団体を発足させてワインの品質向上やプロモーションに取り組んだりする動きが見られるようになりました。


あわせて読みたい

nomoooの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。