稀代の知識人・丸屋九兵衛が恒例のトークショーを開催 ~今回も反差別&濃厚オタトーク満載の内容に

稀代の知識人・丸屋九兵衛が恒例のトークショーを開催 ~今回も反差別&濃厚オタトーク満載の内容に
拡大する(全1枚)
太田出版ケトルニュースより
11/24(金)に渋谷区のレッドブル・スタジオ東京ホールにて、音楽ウェブサイト『bmr』編集長であり、幅広い分野において評論活動を行なう博覧強記の怪人・丸屋九兵衛のトークライブが開催された。

◆『Soul Food Assassins』アメリカ黒人史解読:映画『ドリーム』と『ゲット・アウト』に見る差別の昔と今

イベントの第一部は、世のブラック・カルチャー・リテラシーを底上げすべく企画されたトークライブ・シリーズ『Soul Food Assassins(ソウルフード・アサシンズ)』。今回もTwitterでウィットに富んだ反差別的発言を繰り返し、レイシスト諸兄を怒らせまくる丸屋氏らしい内容となった。

冒頭で丸屋氏は、英語文化研究者で翻訳家としても知られる越智道雄氏の著書『カリフォルニアからアメリカを知るための56章』(明石書店)を紹介。「私の言いたい事を沢山書かれていた。しかもオーティス・レディング、ノトーリアスB.I.G、スタートレックなどを引き合いに出している。私の話を聞くよりこの本を読んだ方がいい」と激賞した。越智氏は、なんと現在81歳。年を重ねてもフレッシュな視点を失う事のない姿勢に、丸屋は深く感銘を受けている様子だった。

◆映画『ドリーム』を通じて知るアメリカにおけるアフリカ系差別

さて今回『Soul Food Assassins(ソウルフード・アサシンズ)』のテーマとなったのは、アフリカ系アメリカ人への差別を扱った2本の映画。最初に扱う『ドリーム』は、公民権運動真っ只中の時代を舞台にNASAで働いていたアフリカ系女性たちを描いた作品だ。ご存知の通り、アフリカ系や女性への差別をテーマとした大ヒット作だが、作中のNASAにアフリカ系男性の職員がいないことに気づいた方は、それほど多くないはず。丸屋は、その理由を「アメリカでは黒人男性よりも黒人女性に寛容な傾向があるんです。これは大英帝国以来の分割統治の手法なんですよね」と語った。
編集部おすすめ
太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク