日本人で初めて『X-MEN』を手がけた麻宮騎亜 携わる経緯は?

現在、全国の映画館で『X-MEN』の最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』が公開中ですが、2003年に日本人として初めてマーベル・コミックスで『X-MEN』の作画を担当したアーティストが麻宮騎亜さんです。

麻宮さんは、アニメーターとして『風の谷のナウシカ』『機動戦士Zガンダム』などに動画スタッフとして参加し、『超音戦士ボーグマン』ではキャラクターデザインを手がけた後、1987 年に漫画家デビュー。『サイレントメビウス』『快傑蒸気探偵団』といったヒット漫画を手がけましたが、もともと日本のアニメや漫画が好きで上京した青年は、なぜアメコミにハマったのでしょうか? 『ケトルVOL.49』で、麻宮さんはこう語っています。

「作風が似ていた寺沢武一先生が好きだったことが影響しているのかもしれません。学校が終わったら神保町をうろうろして、絶対タトル商会(洋書専門店)に寄り、ネタになるようなものを研究したり人が知らないものを探したりしていました。僕らは人と違うことをやってなんぼの世界なので、僕にとっては新しいヒントがゴロゴロあるのがアメコミだったんです。逆になんでみんなアメコミを買ったり、もっと好きにならないのかと不思議なくらいでした」

特に影響を受けたアーティストとして、『ゴッサム・バイ・ガスライト』や『バットマン・ヴァンパイア』を手がけたマイク・ミニョーラの名前を挙げた麻宮さん。影響を受けたのは彼だけではなかったようです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OHTABOOKSTANDの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「風の谷のナウシカ」に関する記事

「風の谷のナウシカ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「風の谷のナウシカ」の記事

次に読みたい「風の谷のナウシカ」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク