ニューアルバム発表のaiko「私は自由に、好きなものを好きなように作りたい」

ニューアルバム発表のaiko「私は自由に、好きなものを好きなように作りたい」
拡大する(全1枚)
『クイック・ジャパン154』はaiko特集
1998年のデビュー以来、常にJ-POPシーンの最前線を歩いてきたaikoが、2年9か月ぶりのアルバム『どうしたって伝えられないから』を3月3日にリリースした。これまで『カブトムシ』『花火』『ボーイフレンド』など、数々のヒット曲を生み出してきたaiko。作曲という作業は、“とことん自分を追い詰めるもの”というイメージがあるが、彼女はそれとはまったく無縁だという。2021年2月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.154で、こう語っている。

「(根を詰めることは)ほとんどと言うか、まったくないです。そういうやり方になったのは『ナキ・ムシ』(1999年)という曲がきっかけだったかもしれないですね。当時のプロデューサーに『自分の好きな曲を好きなように歌うのがいいんだよ』って言われたんですよ。

そのときは『自分の好きな曲ってどんなんやろう?』って思ったりもしたけど、じゃあ自分の直感を信じて、自分が楽しいものを形にしようと思うようになったんです。悩んで悩んで何カ月もかけて作った曲が意外と届かなかったりっていう経験もありましたからね。それ以来、そういう作り方は一切変わっていないんです」

そういった姿勢は、ポジティブな楽曲にも現れているようだ。ただ、音楽シーンは常に変化し、トレンドは日々更新されている。そういった現状をaikoはどう見ているのか?

「昔のヒット曲ってTVやラジオから生まれるものがメインだったじゃないですか。でも今は人それぞれ興味を示しているもの、好きなものがものすごく分散されていると思うので、流行の界隈がいろいろありますよね。その上、いろんな楽曲があるし、ジャンルもさまざまだから、数年前とはまた全然違った音楽シーンになっていると思います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク