食の探究心で昆虫食の入門編「タガメサイダー」を飲んでみました

食の探究心で昆虫食の入門編「タガメサイダー」を飲んでみました


 食には常に新しいものを求める探究心があります。味や量、栄養で新境地やネタを求めた中には、一見キワモノと思われるものも。コンビニで販売されるネタ商品は必ず買うくらい冒険心に溢れている筆者、本コラムでは初めての昆虫食としても体験しやすい、と評判のTAKEOで販売されている「タガメサイダー」を飲んでみようと思います。


 この「タガメサイダー」(480円税込)、TAKEOの説明によると、海外で養殖されたタイワンタガメから独自の製法で抽出したエキスを0.3%配合したというサイダー。タガメはカメムシの仲間(カメムシ目コオイムシ科)なので、自分の身を守るためや繁殖の際のフェロモンとして香りを出しています。タガメサイダーに使われているタイワンタガメの場合、特にオスがフルーティな香りが強く、東南アジアで好んで食べられているんだとか。もちろん、タガメサイダーには厳選したオスのエキスが入っているとのこと。


食の探究心で昆虫食の入門編「タガメサイダー」を飲んでみました


 早速通販で取り寄せてみると、タガメサイダーの他に食用コオロギが練り込まれたパスタスナック「HARD BUG」も一緒に入っていました。こちらも後で食べてみるとして、先にタガメサイダーのパッケージを見てみます。昆虫はエビやカニといった甲殻類と同じく節足動物なので、甲殻類アレルギーを持っている方は注意が必要とのこと。これは昆虫食全般に言えるので、もし試してみようという方はくれぐれも注意してください。


食の探究心で昆虫食の入門編「タガメサイダー」を飲んでみました


 早速開けてみると、ふわっと漂う青リンゴのような香り。実家の方で見かけたタガメはキンモクセイの香りが強く、リンゴの香りは弱いと感じていたので、このタガメサイダーは見知ったタガメの香りとは違う様な気がしました。タイワンタガメと日本のタガメの違いでしょうか。タガメエキスで濁っていると商品説明にはありましたが、ほとんど気にならないレベルです。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「揚げ物」のニュース

次に読みたい関連記事「揚げ物」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファーストフード」のニュース

次に読みたい関連記事「ファーストフード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お土産」のニュース

次に読みたい関連記事「お土産」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。