イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造

イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造
拡大する(全6枚)

イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機...の画像はこちら >>


 イギリス国防省は、有人の戦闘機と連携して任務を遂行する無人機(ドローン)の試作機開発予算として約3000万ポンド(約42億7600万円)を計上。プロジェクトチーム「チーム・モスキート」を率いるスピリット・エアロシステムズに対し、試作機の製造を発注しました。試作機は、2023年末の飛行試験開始を目指します。


 無人機を支えるAIなどの技術が発達したことにより、近未来の軍事行動では現在以上に、無人機と人間が協調して作戦を遂行するようになると考えられています。航空分野においては、貴重なパイロットの損耗を避けるため、長時間に及ぶ飛行や撃墜の危険が伴う攻撃時に、無人機を活用する研究が各国で進んでいます。


 イギリス空軍が「F-35の次」として研究開発を進めている次世代戦闘機「テンペスト」は、無人機編隊のリーダー機として航空攻撃を指揮する能力が求められています。このため、テンペスト自体の開発だけでなく、指揮下に入る無人機の開発も並行して進めなければなりません。


イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造


 イギリス空軍では、戦闘機を補佐して攻撃に参加する、軽量でリーズナブルな「LANCA(Lightweight Affordable Novel Combat Aircraft)」という無人機を構想中。オーストラリア空軍がボーイングと開発を進めている「ロイヤル・ウィングマン(Loyal Wingman=忠実なる僚機)」と同じく、有人戦闘機と連携し、索敵から攻撃までをこなせるものです。


この記事の画像

「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像1 「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像2 「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像3 「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像4
「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像5 「イギリスが無人戦闘機の開発をスタート 北アイルランドで試作機製造」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク