「取り急ぎ御礼まで」は失礼? 意外と分かりにくい「時間の敬意表現」

「取り急ぎ御礼まで」は失礼? 意外と分かりにくい「時間の敬意表現」
拡大する(全1枚)

「取り急ぎ御礼まで」は失礼? 意外と分かりにくい「時間の敬意...の画像はこちら >>


 5月に入り、新社会人の皆さんも徐々にビジネスマナーを学びとっていることでしょう。新型コロナウイルス禍により、リモートやメールでのやりとりが増えている現在、ちょっと気になるマナーを耳にしました。それは「取り急ぎ御礼まで」という表現は失礼にあたる、というもの。はたしてそれは本当でしょうか?


 ネットでは既に様々な意見が述べられていますが、高校「国語科」教員免状を取得している筆者も少し考えてみました。


■ 敬語の本質とは

 ビジネスで取引先と交流する際、基本的に相手を敬う敬語表現が使われます。あえて「ビジネス敬語」と呼ばれることもありますが、それほど特殊なものではなく、敬意を先方に感じてもらえる敬語表現であればOKです。


 敬語には大きく分けて「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3つがあります。丁寧語は文字通り丁寧な表現、尊敬語は相手を敬う表現、謙譲語は自分の地位を下げて相対的に相手を敬うという表現を指します。


 では「敬語とは何か」という本質的な部分は、どのように考えればいいのでしょうか。敬語とは、普段使わない「特別な言葉・表現」をすることで、相手に「あなたは特別です」ということを示すもの。つまり「言葉によるおもてなし」です。

■ 使いべりする「敬語」

 敬語の本質は、普段使わない特別な言葉・表現をすることで、相手をもてなす言葉。とすれば、何度も使っていくと、その言葉は「ありふれた表現」となり、特別なものではなくなってしまいます。これを国語学では「敬意低減の法則」と呼びます。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。