狸合戦の徳島「金長神社」で正月から期間限定「藍の御朱印」登場

狸合戦の徳島「金長神社」で正月から期間限定「藍の御朱印」登場
狸合戦の徳島「金長神社」で正月から期間限定「藍の御朱印」登場

 その昔、阿波国(現在の徳島県)であったという、タヌキの集団が二手に分かれて戦った「阿波狸合戦」。その勝者となったタヌキの頭目「金長」をまつった神社が徳島県小松島市にあります。昭和の初めから様々な形で映像化され、ジブリアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」にもそのエピソードが登場する「阿波狸合戦」ゆかりの金長神社で、2019年のお正月から、伝説にまつわる「藍」と地域特産の和紙を使用した期間限定の御朱印が授けられることになりました。


 江戸時代末の天保年間、小松島で起こったというタヌキ同士の大合戦。現在の徳島県小松島市日開野で、大和屋という染物屋を営む茂右衛門が1匹のタヌキを助けたことから話は始まります。そのタヌキの名は「金長(きんちょう)」。タヌキのおかげで茂右衛門の染物屋は繁盛しますが、タヌキとしての位階を持たない金長はある日から、現在の徳島市津田町にいる近郷の総大将タヌキ、六右衛門のもとで修行をすることに。修行の成果で金長が念願の正一位の位階を得ようかという時、その才能から金長をずっと自分の手元にとどめたいと六右衛門は画策しますが、もとよりずっと六右衛門のもとにいるつもりのなかった金長は出奔。六右衛門の手下から追われる身となります。


 同じ日開野から六右衛門のもとで修行し、金長と行動を共にしたタヌキ「藤ノ木寺の鷹」を失いつつも、やっとのことで茂右衛門の待つ大和屋へと帰参した金長。鷹の仇討ちと六右衛門一派との最終決戦のため、同志のタヌキを募って戦いに臨みます。戦いは見事に金長らの勝利に終わりますが、その戦いで深手を負った金長もまた、勝利の後に命を落としてしまうのです。念願の正一位を得る目前で命を落とした金長を憐れんだ茂右衛門は、金長の名代として京都へ出向き、金長の正一位としての位階を授かってきたのでした……というのが、徳島県小松島市に伝わる「阿波狸合戦」の概要です。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。