夏限定!パワーアップした吉野家の「牛皿麦とろ御膳」を食べてきた

夏限定!パワーアップした吉野家の「牛皿麦とろ御膳」を食べてきた


 吉野家が2015年から夏限定で販売している「牛皿麦とろ御膳」が、2019年の今年も6月17日午前10時から販売されます。しかも、今年は牛肉の量を例年の量から120%に増量したそう……。そんな「牛皿麦とろ御膳」を、なんと試食させていただけるとのことで、さっそく行ってきました!


 「牛皿麦とろ御膳」は、元々は没メニューで、本来は陽の目を浴びることがなかった商品。しかし、商品開発担当者が執念の改良を繰り返し、2015年春に一部店舗でテスト販売するところまでこぎつけました。すると、5人に1人のお客さんが「牛皿麦とろ御膳」を注文するほどの人気っぷりに……。そして、2015年夏に全国で販売すると、開始からわずか1か月間で注文数が300万食を超える大ヒット商品となり、今では夏の定番商品になっています。


 試食会場に到着すると、すぐに運ばれてきた「牛皿麦とろ御膳」(並盛/税込630円)。吉野家特製のたれで煮込んだ牛肉とたまねぎの牛皿。もち麦を加えたたっぷりのご飯。粗めにすりおろして醤油で下味をつけ青海苔を振りかけた長芋。しらすをトッピングしたオクラ。そして、温かいおみそ汁の計5品で構成されています。


夏限定!パワーアップした吉野家の「牛皿麦とろ御膳」を食べてきた


 吉野家の広報さんによると、今年は例年よりもパワーアップしているそうで、まず主役である牛の量を例年より120%増量しているのですが、これは今年、吉野家が明治32年創業から120周年を迎えたのを記念して例年よりも120%に増量しているとのこと。そして、定食に限り一部店舗をのぞいて毎日15時~24時まで、もち麦を含むご飯が、大盛りはもちろんのこと、なんとおかわり無料!!!4月1日からはじまったキャンペーンとのことですが、知らなかったー!筆者のような「大盛りこそ正義」と、日夜デブエットに励むデブエッターにとっては、胃袋にも財布にもありがたいサービスです。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年6月14日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。