イギリス空母クイーン・エリザベス遠征から帰港 姉妹艦の空母が迎える

イギリス空母クイーン・エリザベス遠征から帰港 姉妹艦の空母が迎える


 アメリカへ遠征航海に出ていたイギリス海軍の空母クイーン・エリザベスとその僚艦が、2019年12月4日(現地時間)に母港のポーツマスへ帰港。ポーツマスでは乗組員家族のほか、姉妹艦の空母プリンス・オブ・ウェールズが迎えました。


 空母クイーン・エリザベス(R08)は、イギリス空海軍のF-35Bパイロットが実際の空母運用を試験するため、2019年8月30日にアメリカの東海岸へ向けポーツマスを出港しました。「ウェストラント19」と名付けられたこの遠征航海では7機のF-35Bを搭載し、駆逐艦ドラゴン(D35)、フリゲートのノーザンバーランド(F238)、給油艦タイドフォース(A129)を伴った空母打撃群を構成して行動しています。


イギリス空母クイーン・エリザベス遠征から帰港 姉妹艦の空母が迎える


 アメリカ沖の大西洋上で、イギリス軍のF-35Bによる初の発着艦を行ったのは10月13日のこと。この後アメリカ海兵隊のF-35Bも加え、様々な条件での発着艦訓練を実施して、実用上の問題点などを洗い出す作業を行っています。


イギリス空母クイーン・エリザベス遠征から帰港 姉妹艦の空母が迎える


 この発着艦に際しては、パイロットだけでなく、緊急事態に備えた救難訓練も行っています。空母クイーン・エリザベスにはイギリス海兵隊第42コマンドーのL(リマ)中隊が乗艦したほか、救難ヘリコプターとして海軍第814飛行隊のマーリンと、第815飛行隊のワイルドキャットが航空機運用中の救難訓練を実施しました。


イギリス空母クイーン・エリザベス遠征から帰港 姉妹艦の空母が迎える


 2か月余りの遠征航海を終え、ポーツマスに入港したクイーン・エリザベス空母打撃群。岸壁には乗組員の家族が「お帰りなさい」の手作りサインボードを掲げます。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。