フィンランド次期戦闘機を選定する実地試験「HXチャレンジ」開催中

フィンランド次期戦闘機を選定する実地試験「HXチャレンジ」開催中


 フィンランドの次期主力戦闘機を選定する「HX」計画で、実際にフィンランドの地で試験を行う「HXチャレンジ」が2020年1月9日から始まりました。最終候補の5機種が、真冬のフィンランドで運用した場合の比較試験に取り組みます。


 フィンランド空軍では、老朽化しつつある現在の主力戦闘機、F/A-18C/Dホーネットを2025年~2030年にかけて退役させる予定。これに代わる主力戦闘機を選定するのが「HX」計画です。


フィンランド次期戦闘機を選定する実地試験「HXチャレンジ」開催中


 2019年の最終提案に残った候補は、ユーロファイター・タイフーン(BAEシステムズ)、ラファール(ダッソー・アビアシオン)、グリペン(サーブ)、F/A-18E/Fスーパーホーネット(ボーイング)、F-35(ロッキード・マーティン)の5機種。この中からF/A-18C/Dホーネットの後継機が選定されることになります。


フィンランド次期戦闘機を選定する実地試験「HXチャレンジ」開催中


 国土の一部が北極圏にかかるフィンランドでは、厳冬期には厳しい寒さに見舞われます。候補機が提出してきた性能も、凍てつくフィンランドの地で十分に発揮されるかは分かりません。それを実際に冬のフィンランドで飛ばし、実戦の性能を確かめようというのが「HXチャレンジ」です。


フィンランド次期戦闘機を選定する実地試験「HXチャレンジ」開催中


 候補機はそれぞれ7日間(設営と撤収の予備日を含めると9日間)、フィンランド南西部サタクンタ県のピルッカラ基地(タンペレ=ピルッカラ空港)での試験(アピール)期間が与えられます。ここを拠点にフィンランド空軍がHXに要求する、防空、空対空戦闘、空対空偵察、監視、地上攻撃の5任務に関するパフォーマンスを訓練空域で実施。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。