文房具ブランド「STALOGY」の「マスキング丸シール」を使用して、35人の子どもたちが作り上げた巨大“丸シールアート”完成 “丸シールアート”特別カリキュラムレポート

文房具ブランド「STALOGY」の「マスキング丸シール」を使用して、35人の子どもたちが作り上げた巨大“丸シールアート”完成 “丸シールアート”特別カリキュラムレポート
制作期間:2013年7月2日(火)~7月27日(土)  場所:こどものアトリエ@三宿

 株式会社ニトムズ(本社:東京都中央区、代表取締役:浅井 春雄)は、 2012年10月1日に発売を開始した同社初のステーショナリーブランド「STALOGY」の使い心地を、一般消費者の皆さまに広くお伝えするために、2013年7月2日(火)~7月27日(土)に「こどものアトリエ@三宿」でおこなわれた丸シールを使用した特別カリキュラムに、同ブランドの商品から「マスキング丸シール」を画材として提供した。

 本カリキュラムでは、Tokyo Midtown Awardアートコンペの受賞者 大村雪乃さんを特別講師として招き、こどもたちに“丸シールアート”の魅了やシールを貼る際のコツ、表現方法を講義した。その後、こどもたちはクロード・モネの代表作である「睡蓮」を丸シールで再現する“丸シールアート”制作に取り組んだ。参加したのは小学1年生から中学3年生までの計35人。3回にわたるレッスンで1人が手がける作品の大きさは257mm×364mmで、35人の作品に大村さんの制作した作品を合わせると、4,626mm×728mmの巨大な「睡蓮」の作品となる。
 こどもたちは楽しみながら、でも真剣な眼差しで、見本となる絵を参考にキャンバスへ丸シールを貼っていた。シールを敷き詰めるように貼りながら微妙な色合いを再現する子やアクセントとなる色を見極めながら全体に散りばめる様にシールを配置する子など、それぞれの個性が表れた作品が完成した。こどもたちからは「思う存分シールが貼れて楽しかった」、「色合いの違うシールを重ねて貼るのは初めてで、面白かった」などの感想があった。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。