神戸北野の伝統的建造物群保存地区で1000年集合住宅誕生!

神戸北野の伝統的建造物群保存地区で1000年集合住宅誕生!
神戸北野は、神戸市中央区の山麓部に位置し、異人館と呼ばれる明治期以降に建設された洋風住宅が和風住宅に混ざって点在する地区で、異国情緒豊かなまちとして国際都市神戸のイメージを顕著に代表しています。この中で、とりわけ多くの伝統的建造物が集積する約9.3haは「伝統的建造物群保存地区」に、 また伝建地区を含みこれと一体的にまちなみを形成すべき約32haは神戸市都市景観条例に基づく「都市景観形成地域」に指定されています。

神戸北野の伝統的建造物群保存地区の中でも、最も古く開発されたエリアに位置する約2000m2 の邸宅跡地について、今までにいくつもの分譲マンション等の開発計画がありましたが、この地域の持つ歴史的風致が不可逆的に失われかねないと、周辺地域からの強い反発もあり事業化に至りませんでした。
しかし、これだけ大きな土地が未利用のまま放置されている事は、地域景観や防犯性を著しく低下させるだけでなく、いずれ強引な事業者により、地域の魅力を失わせるようなものが建設されかねないという懸念が残っていました。

そんな状況の中、マンション法制を専門とする戎正晴弁護士と株式会社キューブ(神戸市中央区、代表取締役:天宅 毅)が共同開発した事業フレーム「1000年集合住宅」を初めて採用した、株式会社ゼロコーポレーション(本社:京都市北区、代表取締役社長:金城一守)の事業「華り宮嵯峨二尊院」が京都で竣工し、ここで採用した「1000年集合住宅」を「北野・山本地区をまもりそだてる会」の浅木会長に紹介した所、是非、この事業フレームで懸案となっている2000m2 の邸宅跡地を検討してはどうかとの提案を受けました。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2016年3月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。