「保性館 幽泉亭」国登録有形文化財(建造物)として登録認定

「保性館 幽泉亭」国登録有形文化財(建造物)として登録認定
ホテルマネージメントインターナショナル株式会社(略称:HMIホテルグループ、本社:東京都中央区日本橋、代表取締役 比良竜虎)が運営している「保性館 幽泉亭」(島根県松江市)が、3月9日に開催された国の文化審議会において、国登録有形文化財として登録認定をうけました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31330/4/resize/d31330-4-566433-1.jpg ]

「保性館」は、江戸時代中期の1702年に創業し、性(やすらぎ)を保つことのできる宿として開業以来300年を超える歴史があります。緑豊かな日本庭園の敷地内には昭和天皇にもご宿泊頂いた「幽泉亭」に加え、「紅梅閣」、「竹寿閣」、「佳松閣」の4つの館で構成されています。開業以来変わらぬおもてなしの心、日本の古き趣きを感じる佇まい、こんこんと溢れるいにしえの温泉ロマン、厳選した食材を調理したご夕食など、多くのお客様にご愛顧頂いて参りました。

「保性館 幽泉亭」は、工匠・川島徳次郎※(1871‐1955)により、1931(昭和6)年に皇族専用の宿泊棟として建てられました。
木造平屋建で、燻瓦の桟瓦葺に熨斗棟を載せた入母屋造とし、東面に杮葺の唐破風を架け渡した車寄状の庇を付しています。この庇は、1989(平成元)年に幽泉亭の南東側にあった表門の唐破風庇を移設したもので、蟇股に宝鏡と勾玉を象るなど、皇族専用の宿泊棟として相応しい意匠を掲げて格式ある佇まいを演出しています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月12日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。