「ブラックな職場で働くスタッフによる教育を受けさせたくない」という親が急増中!未来の子どもを育てるためには教育体制の見直しから

「ブラックな職場で働くスタッフによる教育を受けさせたくない」という親が急増中!未来の子どもを育てるためには教育体制の見直しから
今の日本の教育体制は整っていると思いますか? はい:38.02% いいえ:61.98%

近頃、教育現場は総じて勤務時間が長く、本来の業務外の取り組みも多いという問題がニュース等で取り上げられることが増えてきています。
そうした現場の悲鳴が聞こえてくる中、少子化も手伝って教員数は年々減少傾向にあります。
人員数の低下は教育の質の低下にもつながりかねず、このまま教育現場の労働環境が改善されないならば教員を志さないという方はさらに増え続けるでしょう。
今回は教育現場におけるイメージや、子どもを預ける環境として、どのような環境が望ましいのかを調査致しました。

教育、特に被教育者の年齢が低い環境に、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?
長時間労働・モンスターペアレンツからの無理な要望・いじめ問題等、様々な問題がニュース等で取り上げられている今、ブラックな環境が蔓延しているのではないかと考えている方も多いと思います。
そうした環境で行われる教育は、果たして子どもにとって良い環境になるのでしょうか。

今回は、実際に教育現場におけるイメージや、子どもを預ける環境として、どのような環境が望ましいのかを全国30~50代の男女を対象に調査致しました。

【調査概要】『こどもの未来を担う職業』に関する意識調査
【調査日】2018年9月20日(木)~2018年9月21日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,117人...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年10月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。