SmartCity Technologyフォーラム@益田のご案内

2019年2月12日(火)開催 SmartCity Technologyフォーラム@益田のご案内

SmartCity Technologyフォーラム
-データ流通の未来、スマートシティ益田には2030年の今がある-


米IDCによれば、スマートシティ関連の世界市場規模は2018年8兆4800億円となり、2021年には14兆3100億円に達すると予測されている。スマートシティ市場は、社会インフラのデジタル・トランスフォーメーションの実例であり、IoT投資が集中する分野として同社は、インテリジェントな交通/輸送、固定式のビジュアル監視(コンピュータービジョンの応用)、スマート屋外照明、環境モニタリングを挙げている。
日本政府は第四次産業革命となる先行的に体現する最先端都市となる「スーパーシティ」構想を実現しようとしている。
島根県益田市でのスマートシティ構想は、1.地方部のアフター市場に来たるべき超高齢化社会、2.日本政府の推進する長寿命化課題となる医療ヘルスケア、3.地球規模の気象変動に対応する未来予測型の都市環境モニタリング等の様々なプロジェクトを、一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会(以下:MCSCC)として今回プロジェクトを公表する。
 MCSCCは、高齢化社会と気象災害に対応したスマートシティをコンセプトに、10プラスのセグメントを島根県益田市で様々な企業と「共築」しながらテストベッドを進めるプロジェクトで、ユニークなのは「地方の自立」を理念に、地方創生を域内企業を軸に域外企業(大企業やテクノロジーベンチャー等)が支援する構図であり、また、益田市と他の地方自治体との都市間連携も推進している。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年1月15日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。