ローファーズハイ!! 歌とタップと見事な演技で満員の観客総立ち 次回公演は12月に

ローファーズハイ!! 歌とタップと見事な演技で満員の観客総立ち 次回公演は12月に
拡大する(全1枚)
歌とタップと演技をこなすガールズグループ・浅草少女歌劇団「ローファーズハイ!!」が本日、ミュージカル公演『LOAFERS HIGH The Musical ~9つの銅貨~』の千秋楽を迎え、会場を埋め尽くす観客の拍手の中、その幕を閉じた。「ローファーズハイ!!」がミュージカルに挑戦するのは今回が初の試み。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41036/34/resize/d41036-34-198434-5.jpg ]

「ローファーズハイ!!」は、歌やダンスだけでなく、タップや演技などもこなす若手ガールズグループ。今回の公演では、タップダンスに全力を捧げる女子高生たちが、衝突と結束を経て、1つになっていく青春ストーリーを、フレッシュさの詰まった等身大のパフォーマンスで作り上げた。

物語は、高校に入学したばかりの新入生・デコピンが、タップダンス部に入部することから始まる。タップがそれほど上手くないはずのデコピンは、新のリーダーのみ履くことができるという、ゴールデンローファーに選ばれてしまう。そこから、絶対的リーダー・オジョーを信頼する部員たちはバラバラになってしまうが、デコピンを中心とした残ったメンバーは日々練習を続け、部員を説得。部の存続すら危ぶまれた逆境から、メンバーの再結集を経て、大会でのパフォーマンスができるまでに辿り着く。

クライマックスでは、バラバラになっていたタップダンス部が1つになるシーンで、オジョー役の山川愛理の目に涙を浮かべた演技など、観るものの胸を打つシーンが続き、再結集した仲間たちとともに大会に挑むシーンでは、一糸乱れぬ力強いタップで圧巻のラストを飾った。公演最終日を迎えたメンバーのこれまで以上の熱を帯びたステージであった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク