VRで認知症疑似体験!福祉施設で「 VR認知症研修会」を開催!

VRで認知症疑似体験!福祉施設で「 VR認知症研修会」を開催!
拡大する(全1枚)
NSGグループの社会福祉法人上越あたご福祉会では、バーチャルリアリティ(VR)活用した認知症体験講座を2019年10月31日(木)、11月1日(金)に開催します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32951/170/resize/d32951-170-500922-0.jpg ]

【背 景】
認知症とは、物忘れや認知機能の低下が起こり、日常生活に支障をきたしている状態です。日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は700万人前後に達し、65歳以上の高齢者の約5人に1人を占める見込みと言われています。また、認知症が原因で、生活上での混乱や周囲とのトラブル等から社会問題も発生しています。車の運転による事故、徘徊等により自宅に戻れない、孤立死(孤独死)の増加、高齢者虐待などです。認知症は誰もが発症する可能性があります。そのため、社会全体で症状を正しく理解し認知症と向き合っていくことが大切です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32951/170/resize/d32951-170-939484-1.jpg ]

【概 要】
当法人では特別養護老人ホームやグループホームや小規模多機能型居宅介護等施設といった高齢者福祉施設を運営しています。施設のご入居者やご利用者には、認知症の症状がある方も多いため、認知症の症状を正しく理解し、ケアを行う必要があります。今回の研修では、昨年に引き続き、法人スタッフを対象とし、VRを活用した研修を行います。単なるもの忘れと捉われがちの認知症ですが発症すると自分がいる場所や時間等が正しく認識できない『見当識障害』や実在しない知覚の情報を、実在するかのように感じてしまう『幻覚・幻聴』等の様々な症状を伴います。法人スタッフが、バーチャルリアリティ(VR)の技術を活用し、このような認知症の中核症状を擬似体験することで日々のケアの向上を目的としています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月3日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。