鹿児島フェア・商談会2019(フランス・パリ市)11/13(水)より2度目の開催

鹿児島フェア・商談会2019(フランス・パリ市)11/13(水)より2度目の開催
拡大する(全1枚)
~鹿児島県の食材をフランスのミシュランレストラン市場へ~

 鹿児島県商工会連合会は、県産品の世界へのPRを目指し、
パリ市内で一流レストランのシェフやソムリエ達を招待した商談イベントを行います。
昨年はパリのルイドワイヤンで開催し、多くの一流シェフや、料理関係者に来場いただきました。
今年は、食と酒のそれぞれに特化したイベントを開催することで、
鹿児島県食材の魅力の一層の訴求を目指します。

鹿児島県商工会連合会(代表:森義久)は、2019年11月13日(水)から2週間にわたり、鹿児島県の食材や酒をフランスの高級レストラン市場へ流通させるため、パリ市にあるDassaï Joël Robuchon(獺祭ジョエル・ロブション)、Allenothèque(アレノ・テック)にて、ジャパン・エキスキーズ株式会社(代表:安部ロブション龍依)、株式会社ライヴス(代表:清家 貴)と協力の元、鹿児島フェアを開催いたします。

昨年度は初の開催で、多くのシェフやソムリエ、レストラン関係者にご来場いただいた本イベントですが、本年度は、酒と食品の2本立てで開催いたします。

13日には、鹿児島の誇る焼酎のフランスでの普及を目指し、パリ市内のソムリエや酒関係者を招待し、フランスの著名なスピリッツ関係のジャーナリスト、アレグザンドル・ヴァンティエ氏と蔵元によるセミナーの後、即売会、商談会を行います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク