トランスコスモス、アトラエと共同で「エンゲージメント」に関する研究を実施

トランスコスモス、アトラエと共同で「エンゲージメント」に関する研究を実施
チームワークにおけるエンゲージメントの向上が生産性を高めることを証明

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、株式会社アトラエ(本社:東京都港区、代表取締役:新居佳英)と共同で、「エンゲージメントと生産性の関係及び昇格対象者とのエンゲージメントへの影響度合いに関する共同研究」を行いました。共同研究の結果、エンゲージメントと生産性に因果関係を示唆する相関関係があること、及び昇格対象者とのエンゲージメント向上が確認できました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/183/903/resize/d183-903-548782-0.jpg ]

【共同研究の背景】
ヨーロッパ諸国などでは、ワーク・エンゲイジメント(エンゲージメントの学術的表現)の生産性や健康増進への効果に関して十分な研究結果が得られています。しかし今はまだ日本人に対する研究は相対的に少なく、日本人におけるワーク・エンゲイジメントの生産性向上や健康増進への効能の有無、どのような状況でエンゲージメントが高まるのかなどについては、産学連携による研究途中です。そんな中、昨今の日本では学術的に正確に定義された「ワーク・エンゲイジメント」とは大きく異なるものも散見されているという背景を受け、アトラエとの共同研究に至りました。

本共同研究では、研究対象をトランスコスモス DEC統括 デジタルエクスペリエンス本部とし、マネジャーからディレクター、デザイナー、エンジニアまで幅広い職種において研究を実施しました。また、アトラエが提供するサービスで、オランダのユトレヒト大学で提唱されたワーク・エンゲイジメント指標との基準関連妥当性が既に示されている「wevox(ウィボックス)(*)」 のエンゲージメントスコアを利用し、海外で行われている先行研究の追研究を日本人向けに行いました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。