流通資材の「滞留」と「紛失」を見える化する、流通資材モニタリングサービス「MOVO Seek」2020年4月ローンチ

流通資材の「滞留」と「紛失」を見える化する、流通資材モニタリングサービス「MOVO Seek」2020年4月ローンチ
拡大する(全1枚)
[画像1: https://prtimes.jp/i/18703/64/resize/d18703-64-475670-2.png ]

「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 佐々木太郎)は、流通資材(かご車、パレット)の「滞留」と「紛失」を見える化する、流通資材モニタリングサービス「MOVO Seek」を2020年4月にローンチいたします。
 かご車やパレットは流通資材と呼ばれ、倉庫や店舗など流通・物流業界の拠点間で多く使用されています。拠点間で使用する際、他の物流事業者に回収されてしまう、流通店舗の売り場のレイアウトに転用されてしまうなど「紛失」するケース、流通店舗のバックヤードや特定の物流拠点に「滞留」するケースが多数発生しています。「紛失」は補充のための新規購入や過剰在庫をすることでコスト増加、「滞留」は繁忙期の流通資材不足が業務の遅れ、売上機会損失リスクにも繋がります。
 「MOVO Seek」はIoTネットワーク「Sigfox」*を利用することで、低い初期コストで流通資材の位置情報を取得することを実現しました。これにより滞留と紛失の把握、及びその要因の分析をすることができ、流通資材にまつわる様々な課題を解決することを目指します。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。